Langueage 日本語中文

同人誌印刷栄光

サイト内検索

印刷業界では「用紙の厚み」を表す方法として、紙の重さが使われています。紙一枚の厚みはミクロン単位で計測できますが、抄紙の状態により誤差が生じるので規格になりません。
そこで用紙は全判1000枚の重さで表記され、取引されています。重い紙ほど厚い紙になります。ただし、同じ重さの用紙でも光沢があり密度の高い紙と、ふわっとして厚みのある紙(嵩高用紙)があり厚みは異なります。
特に本文用紙は、ほとんどが白い紙で差異が分かりにくいので以下で説明します。