上製本のススメ|同人誌印刷

トップページ > オプション > 上製本のススメ

上製本表紙オプション料金

上製本の作り方

上製本寸法

背幅の計算についてはこちら

並製本の表紙サイズから上製本の表紙サイズの違いを説明します。

背幅はD+4mm

2mm厚の台紙(ボール芯)を使用するため、背幅を両方で4mm広く作ります。

左右はW+6mm

背中と表紙の間のミゾに9mm必要です。ボール芯の部分は3mm短くなるので、横幅は6mm大きく作ります。

天地はH+6mm

天地は3mmづつ大きくなるので6mm大きく作ります。

天地はH+6mm

四方に折返しが必要なので、各15mmづつ広げます。この部分の塗足しは10mm必要です。

上製本サイズ

【例】本身(本文)背幅6mmの場合【A5】
  ※栄光コミック 本文80P相当

  背幅:(6mm+4mm)→10mm
  横幅:(148mm+6mm)→154mm
  天地:(210mm+6mm)→216mm

展開サイズ

  天地:15(折返し)+216(天地)+15(折返し)→246mm
  左右:15(折返し)+154(横幅)+10(背幅)+154(横幅)
     +15(折返し)→348mm


表紙はボール芯(板紙)にクロスなどを貼つけて作ります。

上製本表しかバーの作成方法

○ 上製本表紙カバー

【例】 本身(本文)背幅6mmの場合【A5】※栄光コミック 本文80P相当
    横幅:(148mm+7mm)→155mm 背幅:(6mm+4mm)→10mm 天地:(210mm+7mm)→217mm

並製本用テンプレートを元に上製本用表紙カバーを作成される場合 横幅:+7mm、天地:+7mm、背幅:+4mmにしてください。

上製本の各部名称

上製本
本の上の部分
本の下の部分
小口 本の開く側
本の綴じられた側
ノド 本の綴じられた側の中側
見返し 表紙と本文をつなぎ止める蝶番の役目をする紙。
寒冷紗
(かんれいしゃ)
ガーゼ状の布で、背中の耐久性を 増すために表紙と本文の間に貼る。
ボール芯 本の強度を増し印刷した用紙、布などで包むためのもの。
ミゾ 背中と平の間に開きをよくすためにつける溝状の筋。
スピン(しおり) スピンともいう。通常対角の長さ掛ける1.5倍。
束(つか) 本の厚さ、本身幅ともいう。

上製本テンプレート

B5版(表紙)
A5版(表紙)
B6版(表紙)