Microsoft Office Word (ワード)での入稿方法(Windows版) | 同人誌印刷・グッズ制作|株式会社栄光

Microsoft Office Word

Microsoft Office Wordを使った小説向けの原稿作成について

Microsoft Office Wordは身近な文書作成ソフトなので小説などを作成される方が多くいらっしゃいますが、印刷に適したグラフィックソフトではないため、ご入稿には印刷に適した状態に変換していただく必要があります。
作成されるwordのバージョンにより推奨する変換方法が異なりますので、それぞれの手順を確認して変換をお願いします。
変換後のpdfデータ、prn.dsvデータは、お客様で目視できる状態と同じ状態で印刷されます。正しく変換されているかをご確認いただき、ご入稿ください。
※prn.dsvデータのプレビューは粗く表示されますので、実際にプリントアウトしていただき、ご確認ください。

Word2007以降のバージョン Word2003以前のバージョン

なお対象はwindows版のMicrosoft Office Word のみです。
Mac版やその他の類似ソフト(Kingsoft Office、Open Office等)で作成された原稿は、レイアウトが崩れる、または文字化けなど、意図しない状態で印刷されるトラブルが発生しておりますので、推奨外のソフトを使用したpdfに関してレイアウトの変化、文字化けは責任を負いかねます。

ページ設定について

用紙サイズの設定について

Wordデータは、ページ設定・デザインとも必ず【塗り足し込みの原寸サイズ】で作成してください。
各サイズごとにテンプレートを準備しております。

【テンプレートをご利用の場合】
用紙サイズ以外の設定(余白など)は自由に変更されて構いません。
余白はフチからある程度空いている方が、文字切れやノド側に綴じ込まれて読みづらくなることもなく、仕上がりが綺麗です。
厚めの本を作られる場合は、ノド側を15mm程度空けられることをお勧めします。

【テンプレートを利用されない場合】
ページ設定の用紙サイズを[サイズを指定]を選択し、[仕上がりサイズ+塗り足し(上下左右3mmずつ)]のサイズで設定してください。

塗り足しを含まないサイズ設定(原寸サイズ)で作成された場合でも、仕上がり時、端に紙の色(印刷がされていない部分)が出ることを了承いただけましたら、ご入稿は可能です。
※注文時の備考欄に『塗り足しがない(端に紙の色が出る)ことは、了承済み』の旨をお書き添えください。

カラーモードについて

カラー原稿を作成するとき
Office製品でカラー原稿を作成した際のカラーモードはRGBになります。
その他のグラフィックソフト同様RGB画像にイメージが近づくようにCMYKへの変換処理を行いますが、
元のデータの色味によっては再現が変わる場合がございます。

モノクロ原稿を作成するとき
奥付のURL等、ハイパーリンクの設定のままですと色が薄くなります。
ハイパーリンクを削除するなどして、カラーで作成されないようにご注意ください。

Word2007 以降のバージョン

Word2007(アドインをインストール済)やWord2010以降を使用してPDFに変換したPDFデータをご入稿ください。

※下記設定が正しく行えない場合は、その他のPDF作成ソフトを使用してください。

PDF保存方法

1.メニューバーのファイル→名前を付けて保存をクリックします。

  ファイルの種類からPDFを選択します。

2.最適化の項目で、「標準(オンライン発行および印刷)」にチェック、続いて右側にある「オプション」をクリックします。

標準(オンライン発行および印刷)

3. オプションウィンドウのPDFオプション、「フォントの埋め込みが不可能な場合はテキストを

ビットマップに変換する」項目にチェックを入れOKをクリックします。

フォントの埋め込みが不可能な場合はテキストを ビットマップに変換する

4.ツールから「図の圧縮」ウィンドウを開きます。

  解像度の選択を「ドキュメントの解像度を適用」にチェックします。

ドキュメントの解像度を適用

5.保存をクリックします。PDFファイルが指定した保存先に保存されますので、出来上がったPDFデータを確認してください。

  ※ファイル名は半角英数字で、ページ数を付ける事を推奨しています。

(例:003-022.pdf、P3-P22.pdfなど)

注意

画像

挿入する写真・イラストなどの解像度は、単色の場合350dpi〜600dpiフルカラーの場合は350dpiを使用してください。

※単色刷りの場合、挿入する写真などは必ず【グレースケール】でご用意ください。

挿絵などのイラストでアミ点トーン等を使用する場合は、アミ点にアンチエイリアスが付いていたり、アミ点の形がおかしかったりするとモアレが発生する原因になりますので二値のデータの使用を推奨します。

フォントの確認

メニューバーの[ファイル]→[プロパティ]を選択し、文書のプロパティを開きます。

フォントが全て「埋め込みサブセット」になっているかご確認ください。

レイアウトの確認

PDFを開き文字の体裁に問題がないか、画像が不自然になっていないか等を全ページを目視にてご確認をしてください。

下記機能をご使用の場合は文字化けやレイアウトが変わってしまう可能性がありますので確認時にはご注意ください。

ボールドやイタリック等の文字装飾・ワードアート

罫線/透明効果/塗りつぶし効果/テクスチャ等の機能

Word2003 以前のバージョン

Word2003 以前のバージョンをご使用のお客様はMultiStudioを使用しての入稿となります。下記の対応バージョンを参照ください。

ご使用できない場合はPDF 変換ソフトを使って、PDFでの入稿が必要です。しかしPDF ファイルと言っても、用途が様々あります。WEB用(低品質)、プリントアウトできれば良い用(中品質)、印刷入稿用(高品質)、などなど目的別に出力設定が違いますのでご注意ください。

MultiStudio対応バージョン

OS Ver.5.00 Ver.6.02
Windows 98  
Windows Me  
Windows NT4.0  
Windows 2000  
Windows XP
Windows VISTA  
Windows 7  

※office2003以降はVer6.02、officeXP office2000はVer5.00となります。

※64bit OSには対応していません。

一般的なPDF作成ソフト

名称 金額
Adobe Acrobat 有料
Primo PDF 無料
CutePDF Writer

入稿するデータのファイル名のつけ方

ファイル名をつける際は、以下の3点を遵守してください。

  1. 半角英数字
  2. 【本文】ノンブルと同じ数(ページ数)をつける。
  3. 【本文】ファイル内でノンブル順に並ぶように、数の桁を揃える。
    例) 総36Pの本の場合
    ファイル名は「003.psd」「004.psd」……「034.psd」

※複数ページが1ファイルにまとまっているデータ(pdf等)は、ページ数の最初と最後のノンブルをファイル名につけてください。

例) P3~16、P17~34までが1ファイルにまとまっている場合 
ファイル名「003-016.pdf」「017-034.pdf」

複数のアプリケーションで原稿を作成した場合

保存形式

使用されるアプリケーション別に、推奨している保存形式に準じて保存してください。

ファイル名のつけ方

上記2通りのファイルが混在する場合でも、ファイル内でノンブル順に並ぶように
桁を揃えた状態でつけてください 例) 総44Pで、eps形式とpdf形式(P5~12、P35~42)が混在の場合。

ファイル名

「003.eps」「004.eps」「005-012.pdf」「013.eps」……「034.eps」「035-042.pdf」

冊子印刷セット一覧

グッズ一覧

ご利用ガイド