Langueage 日本語中文

同人誌印刷栄光

サイト内検索

ノンブルは必要ですか? 印刷に出したくない時はどうすればいいですか?

最終更新日:2016年04月05日

ノンブルがない原稿は、乱丁・落丁の原因となります。可能な限り、仕上げに残る位置に入れてください。
ノンブル

仕上がりに出したくない場合は、『隠しノンブル』を推奨します。(無線綴じの場合)
ノド側の仕上がり位置の内側3mm以内にノンブルを入れると、製本時に綴じ込まれて見えなくなります。

データ原稿でノンブルを入れ忘れた場合、ファイル名順通りに作業を進めます。
ファイル名=ノンブルになるように保存していただき、順番に間違いがないか、よくご確認ください。