その他アプリケーション | 同人誌印刷・グッズ制作|株式会社栄光

その他アプリケーション

ご案内しているアプリケーション以外の場合でも対応可能です

ご案内しているアプリケーション以外で作成された場合でも、下記のように作成されていれば印刷可能です。

用紙設定

当社テンプレートをご使用ください。
テンプレートが使えない場合は、【仕上がりサイズの原寸+塗り足し(上下左右3mmずつ)】で 用紙サイズを設定してください。

解像度

解像度とは、ビットマップ画像における画素の密度を示す数値です。
原稿の綺麗さ(きめの細かさ)になりますので、最初にしっかりと設定しましょう。

解像度の推奨値  ※原寸サイズで

※原稿を作り終わった後に数値だけを変更しても、最初に設定した数値より綺麗にはなりません。 また描画された画像を拡大する場合も粗くなってしまいますので、ご注意ください。

カラーデータ(CMYKやRGB) 300~350dpi
グレースケール 350~600dpi
モノクロ2階調 600~1200dpi
カラーモード

フルカラー原稿は、CMYKもしくはRGBどちらも対応しております。
弊社で印刷用データ(CMYK)に変換した際、オリジナルデータに近づける変換をめざしますが、100%の再現はできません。ご了承ください。
※RGBとCMYKでは表現できる色域が違うため。

モノクロ原稿は、グレースケールかモノクロ2階調で作成してください。

レイヤーの統合

データ完成後に、すべてのレイヤーを統合してください。
当社テンプレートをご使用の場合は、統合前に「最終削除レイヤー」を削除してください。

モアレ

モアレ(干渉縞)とは、規則正しい繰り返し模様を複数重ね合わせたときに、それらの周期のズレにより視覚的に発生する縞状の周期的なパターンのことです。
モアレの発生を軽減するため、モアレのでにくい原稿を作成しましょう。

モアレを出にくくするには

入稿するデータのファイル名のつけ方

ファイル名をつける際は、以下の3点を遵守してください。

  1. 半角英数字
  2. 【本文】ノンブルと同じ数(ページ数)をつける。
  3. 【本文】ファイル内でノンブル順に並ぶように、数の桁を揃える。
    例) 総36Pの本の場合
    ファイル名は「003.psd」「004.psd」……「034.psd」

※複数ページが1ファイルにまとまっているデータ(pdf等)は、ページ数の最初と最後のノンブルをファイル名につけてください。

例) P3~16、P17~34までが1ファイルにまとまっている場合 
ファイル名「003-016.pdf」「017-034.pdf」

複数のアプリケーションで原稿を作成した場合

保存形式

使用されるアプリケーション別に、推奨している保存形式に準じて保存してください。

ファイル名のつけ方

上記2通りのファイルが混在する場合でも、ファイル内でノンブル順に並ぶように
桁を揃えた状態でつけてください 例) 総44Pで、eps形式とpdf形式(P5~12、P35~42)が混在の場合。

ファイル名

「003.eps」「004.eps」「005-012.pdf」「013.eps」……「034.eps」「035-042.pdf」

冊子印刷セット一覧

グッズ一覧

ご利用ガイド